太陽光発電の特徴
太陽光発電は、光エネルギーから直接に電気エネルギーを作り出すことができます。
しかも自宅の屋根の上や車庫の上など高所で発電しますから、発電ロスや送電ロスはほとんどありません。
原エネルギーのほぼ90%を使うことができる、非常に効率的な発電方法になります。
また、自然エネルギーですから、石油など化石燃料と違って地球環境を汚染することもありませんし、
一度設置すれば大規模なメンテナンスはほとんど必要ない、といったメリットもあります。
太陽光発電のメリット
発電して余った電気を高く買い取ってもらえる
10kW以上の大型太陽光発電システムは発電した電気の全てを売る事ができますが、
10kW未満の住宅太陽光発電システム(全国平均4.5kW)では、発電した電気はまず家で使用され、
余った電気だけ電力会社に売る事ができます。
普段の電気代の単価より、売る事が単価の方が高いので、日中に電気の使用量が少ないご家庭ほどメリットが多くなる仕組みになっています。
月々の電気代が安くなる
発電した電気は優先的に家で使われます。
今まで払っていた電気代を払うことなくご自宅の屋根で発電した電気を使いますので、その分月々の電気代は安くなります。
オール電化を導入しているご家庭では通常深夜の電気代単価を安くする代わりに日中の電気代単価が高くなる電気料金プランにされますので、より電気代の節約効果が高くなります。
災害・停電時の非常用電源として使える
パワーコンディショナを自立運転モードに切り替える事により、 通常パワーコンディショナについている自立運転コンセントを使用して、最大1500Wまで使用する事ができます。
テレビ・ラジオの視聴や携帯電話の充電等に利用できます。
ソーラーパネルの設置場所
太陽光発電システムは住宅屋根のイメージが強いですが、 近年ではアパート・マンションや太陽光発電システム搭載カーポートなどの登場により 設置場所を問わず、幅広く設置することができます。
特に近年では全量買取制度のスタートにより、これまで設置場所のメインが住宅用の戸建だったのですが、 工場や社屋、遊休地を活用した野立て 太陽光発電システムが注目を集めました。 大容量を載せれる広い屋根や、広い土地などに設置できるようになったおかげで設置場所は屋根だけ ではなくなりました。
基本的に太陽光発電システムは設置場所・環境を問わずにつけることができます。
アパート
太陽光発電システムのアパートへの設置
広い屋根を活用した太陽光発電システム設置
マンション
太陽光発電システムのマンションへの設置
物置になっているだけのマンション屋根に太陽光発電システム設置
カーポート
カーポート付き太陽光発電 - ソーラーネオポート
増設にも最適な太陽光発電システム搭載カーポート。遊休地への設置も可能です。
ベランダ
太陽光発電システムのベランダへの設置
ベランダに太陽電池モジュールを設置して蓄電池に電気を貯めることも可能。万が一の災害時の備えになります。