オール電化の特徴
オール電化住宅は、住宅の熱源全て(キッチン・給湯・空調など)を電気で賄う住宅です。
大きな特徴として、安い夜間電力を利用して蓄熱暖房機で蓄熱をしたり、エコキュートや電気温水器でお湯を作るため、 日中に暖房やお湯を安く使うことができます。
1)お湯や暖房を安く使える
オール電化の最大のメリットは、光熱費の中でも大部分を占める「お湯」と「暖房」にかかるコストを安く抑えることができるという点です。
オール電化向けの電気料金プランは、夜間時間帯の電気の単価がとても割安に設定されているので、その安い夜間電力を 利用して日中に使う分のお湯を沸かしておいたり、暖房の蓄熱をします。
2)基本使用料を一本化できる
ガス併用住宅の場合は、ガス・電気それぞれに基本使用料がかかりますが、オール電化の場合は電気の基本使用料のみとなるので、基本使用料を一本化できるぶん節約ができます。
3)住宅内に熱源を持たず安全
オール電化はガスのように住宅内に熱源を引き込みまないため、ガス漏れや不完全燃焼での一酸化炭素中毒の心配がないという安全面があります。
また、オール電化のキッチンはIHクッキングヒーターを使いますが、IHクッキングヒーターはガスコンロと比べて、

   炎が発生しないため、ガスよりも火災に対する安全性が高いとされている
   室内に二酸化炭素を増加させるガスに対してIHクッキングヒーターは空気を汚さない
   磁力線によって鍋自体を発熱させる(電磁誘導加熱)ため、キッチンまわりが熱くならない
   ガスコンロよりも汚れにくく、フラットなため手入れが楽
という利点があります。
4)震災時にタンク内の水を利用できる
震災時などに、エコキュートや電気温水器のタンク内の水を一時的な生活用水として使用することができます(飲用水としては利用できません)。
また、震災時は電気・ガス・水道の中でも電気の復旧が一番早いとされています。